提携先のピルツ株式会社(秋田県横手市)が秋田魁新報に取り上げられました。

飼育ノウハウや技術提供をさせていただいている、業務提携先のPilz社(ピルツ・秋田県横手市)の記事が、秋田魁新報に大きく掲載されました。

ピルツではシイタケ栽培が盛んな秋田県横手市で、菌床栽培で生じる「廃菌床」を使って昆虫を育てるユニークな取り組みを行っています。

シイタケ出荷量が都道府県別で全国トップ(京浜地区の中央卸売市場への)であるため、秋田県ではその分廃菌床も多く生じることになります。そこで、産業廃棄物である廃菌床を有効活用することで、環境に良いだけではなくシイタケ農家の処理コスト軽減にもつながります。

「うちの会社のマット(土)で育った幼虫は、体重ののりがいいんですよ」

ピルツ昆虫事業部の最上谷哲統括部長がそう語るように、餌となる廃菌床を活用したマットの品質が、高単価の昆虫を育てる上で重要になります。

ピルツ畠山社長は「昆虫を介したSDGs(持続可能な開発目標)も意識していきたい」と語っています。

以下、秋田魁新報 電子版の記事になります。https://www.sakigake.jp/news/article/20210808AK0011/

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP